費用の内訳も分かりやすい東京のクリニックであざの除去手術を

あざには2種類がある

タトゥー除去 : 芝皮フ科クリニック

青いあざは、打撲などのケガの後に一時的に青紫色に腫れていしまう青たんや打ちみ、それと生まれつきあるものの2種類があるといいます。
自分の場合は、生まれつきあるものではなくある程度成長した段階で現れたもの、これは母斑と呼ばれるものです。
顔などに生じていると取り除くべきなど考える人は多いかと思われますが、自分の場合はお尻に母斑があるので普段は人目に付くことはありません。
そのため、特別何もせずにいたのですが温泉などに行くとどうしても人目が気になるし成人以降は異性にも興味があるなど除去を検討していました。
ちなみに、青たんや打ちみなどの場合は皮膚の下に蓄積された血液が原因になっていて数週間もすれば自然と消えるので問題はないのですが、お尻に生じている母斑ともいわれているあざは治療しないと切れることはない、むしろ色合いなどの症状が濃くなることもあるといいます。
その理由の中には幼少期にはなかったものが小学校に入学する頃になり見えて来た、その色合いも年齢を重ねるごとに多少ではあるけれども濃くなっているわけですから除去を検討しなければならなくなったわけです。
この母斑は青色をしているのですが、他にも茶色や黒色などの種類もあるといいます。

あざには2種類があるメラニンと呼ぶ黒色の色素が原因カウンセリング費用